みなみのシュミや日常徒然を好き勝手に書き込む日記ブログです☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日・毛越寺、行列待ち
途中途中でいろいろ見物してましたが毛越寺へ。
駅から真っ直ぐ前の道を歩くと毛越寺へと行き着くのです。

距離的にもここから取りかかるのが個人で回る際の黄金パターンだと個人的に思っていますが、そうそう来る機会もない場所だけに横道を覗いてみたりしてました。

役場前で桜の写真を撮ったり、側にあった藤棚の藤のまだまだっぷりに季節の違いを感じたり。
ちなみに。うちの方ではこの日長藤まつりの一環で薪能を行ってました。行った友人によると「藤は終わってたね」だったのです…

ついでに言うと藤の花の花言葉は「貴方を歓迎します」だそうです。なのでまだ「銀の呪いじゃないさ!ほら、歓迎されてないし!!」と言いはってたのです(苦笑)。

他にも、街灯のところにガラス玉カバーされた鳳凰が付いてたのにちこっと感動。でもそれが向きが横だったり逆さまだったのが残念。ちゃんとしたので!と思ってたので写真撮れなかったです…


とかなんとかしていると毛越寺に到着。
時間にしたら10時くらいだったかな?時計はほとんど役に立ててなかった旅行なので。気にしてなかったのが本音です。

連休だし祭りだし好天気になってるしで人が大勢でした。
でもまだ東下り行列には早いので(でもここへ向かっているのでした。だって途中で開始の花火鳴ってたし)、普通に境内(?)を見物~

最初は宝物殿から。ここにも建立の経緯の伝説が書いてありますが、白い鹿に導かれて~なんてかっこいいなぁv…はっ!!白い鹿=蒼き狼と白き雌鹿!?それってすなわちジンギスカンでやっぱり義経=ジンギスカン!?とか今さら思ったり。
いや~そんなん時間軸違うし直接関係ないんだしとはわかっているんですけどね。なんとなくネタだと思うのです。
紙切り細工(違)とか仏像とか、興味惹くものは多いので結構好きだったりします。鮮やかな四季の写真とか☆少なくとも静岡じゃ雪景色見られないしぃ~とか言ってみる。

んで本殿から庭園をぐるりと1周。
ここって庭がメイン扱いなので本殿がかわいそう…とも思うけどそれは中尊寺も同じだしなぁ。それが平泉のスタンダード!?(笑)
本っ当に天気よくって暑くなってきてましたよ!日射しもよくって写真撮るにはバッチリでしたけどね♪
池の真ん中の島に傘と台が。去年は東下り終わってから言ってたのでなかったので、これは…?と興味津々になってました。舟も使うらしく岸にありましたしね☆

んで、義経一行が来るまで時間があるようだったので小腹も空いたしとそこの茶店で奥州名物『ずんだ餅』を食べました!いやーだって1回は食べておかなきゃ嘘でしょう!!くるみ餅もあって悩んだんですけどね。くるみだれは好きなんです。でも家でもできるし。

くるみだれの作り方:1、くるみをすり鉢で擂る。2、それに砂糖と醤油で味を整える。3、(油が固まって白くなるけど)水で延ばすのもアリだったりします。
↑まあこんな感じで。これでお餅食べると美味しいんですよ~!!

じゃなくてずんだ餅に話戻して。
ずんだ餅は綺麗な緑色でした。そりゃ材料が豆なんだから当たり前か、とも思いつつもぐりと。
…美味しいっ!!
はう~これ食べて正解ですよぉ。また行く際にはここでまた食べてるかも…と思ったものです。値段も妥当だし、付け合わせに大根おろしの三杯酢も付いててこれまた美味しかったしv

とまあ腹ごなしも済んだところで報道席の横に陣取って行列待ちなのです。
……とか思ってたら開始が12時40分ー!?1時間半くらい時間あるんですが…という訳でそこに座ったまま時間待ちしてました~流石に起きてられずに寝てしまってたのですけどね(苦笑)。

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © きゃらめるミルクティー. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。