みなみのシュミや日常徒然を好き勝手に書き込む日記ブログです☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EVILS COURT 考察
コミケで無事ゲットできた悪ノPさまの新譜!

聞きつつ歌詞を見つついろいろ今までの曲と組み合わせて考えさせられるのがあるので、自分ながらの解釈をしてみたいと思います☆

ネタバレ…というかもーそー全開なので、追記にてっ!



まず、「庭師」ががくぽのポジションだったとはw雑用と言われたら確実かとww
しかもオクトってことはヴェノマニア公の時のルカーナの子孫…だよね?悪ノ娘の時のがくぽの名字はヴェノムだったけど…複数血統ができてたのかな?いっそメインヒロインだったGUMIことグミナの子孫かな~とか思ったけどはずれてたw

そして人形館長。箱庭の少女であり悪徳のジャッジメントの「娘」である彼女はまた眠らせ姫の中でも裏設定ながらも重要な役割を果たしていたとは。「クロックワーカー・ドール」と言われる人形らしいです、はい。
「怠惰」でありながら「強欲」であったスプーンを歯車として持つ存在でもあるわけで…でもハートビートを聞くとスプーンは結構まともなんですよね。うーみゅ。

でも、歌の中でいう「胎内に宿るイレギュラー」はその歯車ではなくre_birthdayのレンなんだろうなーと。子守唄で眠りなさいって、この世界で子守唄といえばるりらるりらだし。
確かブラックボックスって単語が悪ノ王国にあったし…追走のオルゴールも黒い箱が出てくるし。
moonlitbearの子供が成長して置き去り→転生してコンチータの召使い→転生して悪ノ召使→転生して5番目のピエロ→re_birthday、かな。で、墓場の主の下にいるのは幻身と明言されてるし。

オルゴールで判明したのは、ピエロの動画の最後に出てきた「イリーナ・クロックワーカー」の存在。彼女はつまりエルルカの婚約者の妹で、ライバル教皇候補だったと。で負けたのが彼女の方でいいのかな…私の頭じゃむしろ婚約者が妹を刺したんじゃ?と思うんだけどね~で、エルルカとイリーナの決着がメリゴド高地の決闘でいいのかな?その後のエルルカはエルルカというより彼女を倒して乗っ取ったイリーナなんじゃないか?とも思ったり思わなかったり。

しっかし、冥界の主がGUMIっぽくてびっくり。ジャッジメントの動画はひっかけだと思ったんだけどな~
小説で彼女は「守りたい人ができたから人間のままでいる」って言ってたのに。その守りたい人はルカかなーというのが普通だけど、ひねくれて見てレンかな~とも思えるわけで。ブラックボックスに隔離することで罪から守ってる…とも見れるし。リンの方も似てるけど別人で、オリジナルがどうなったかは冥界の主にでも聞くしかないとあるからな~冥界の主になってリンも守ってる…とかwまあGUMIファンなので彼女がいい人であってほしいと思うのが根本にあります。自覚ありですw

はうー、書いても書いてもわけわかめw
でもちょっとすっきり♪

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © きゃらめるミルクティー. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。