みなみのシュミや日常徒然を好き勝手に書き込む日記ブログです☆

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるアートのつぶやき2
1、あったかなぁ?
 やーっと午前の授業が終わったか。陽夏の奴はさぼるわけにもいかずに授業受けてたが、オレは別に聞かなきゃならない義理もなし、窓の外の縁でのんびり待ってたわけなんだが……。
「よしっ!今度こそちゃんとコロッケロールを食べるんだからっ!!」
 …そうか、またコロッケロールの販売日か。前回は駄目だったしな、食い意地の張ってる陽夏にしたら食べてみないと気が済まないって事だろうな。
 って、オレを忘れてないか?うっかりしてるぜ、ほんと。まあ追いかければいいわけではあるが。でも気になるよな…前は色々と邪魔が入ったわけだし。
 おーおー、他にもそれ目当てで廊下を走ってる連中も多いな。見物人もいるし。さすがは『争奪戦』を名乗ってるだけあるもんだな。
 しっかし、誰がこんなん企画するんだ?売れ筋なら個数限定でも毎日販売すりゃいいし、こんな風にイベント化してるところをみると学校…いや総生徒会とやらが仕切ってるのかもな。…暇人だな、おい。
「ふっふっふ…来たな!」
「あっ…えっと『グルグルレンジャー』、だっけ?」
「「違ムうっ!!」」
 おーい、陽夏。それ違う、絶対違う。美食部のグルメレンジャーだっつーの。部員全員というわけではなさそうだから特に食い意地の張った連中なんだろうな、こいつらは。
「我々の事を忘れたというのなら忘れられないようにしてやろう!行くぞ!!」
「へっ…?うにゃあっ!」
「おおっと!グルメレンジャー必殺技の大サービスだあ!!」
 コラ実況!!のんきにんな事言ってんじゃねえ!ナイフやフォークだって立派な凶器だぞ!?
「ふみゅう~…近道できないよぉ」
 うんうん。無理すんなよ?遠回りだってオマエのスピードなら挽回できるって。とはいえ、どこかで見たような展開だな。
「ん~っと…ここからだと……こっちじゃないと入り口に行けないよね」
 んな事を言いながらも足は止めずに走ってる。相変わらずかっ飛ばすな。速ければその分よけいにコケた時痛いだろうが…しょっちゅうコケてるのに懲りないよな。
「おおっと!ただ今葉言った情報によると、グルメレンジャーの妨害を突破した集団は元天魔ツインズによって全滅させられた模様!!」
 何?じゃあ回り道の方が有利だったって事か。運がいいな。
「よーっし…今日こそは!!行くよ、ジェリクルっ!」
 オレがいるっての忘れてなかったか、よしよし。陽夏に合わせてオレ自身もスピードを上げる。
 角を一つ曲がって走っていると、今度は女子生徒が二人そこに立ってる。げげ、校門前のダブル魔女じゃねぇか!
「ろ、廊下をそんなに走っちゃ駄目よ」
「そんな言い方じゃ止まる奴いないわよ。鋭く『コラーッ!そこ制限速度オーバーッ!』くらい言わないと」
 う~ん、やはしというかなんと言うか…妹の方が大人しいな。姉は容赦ないってアート仲間内でも評判だし。
「そうなの…?こらー、そこせいげんそくどお~ば~」
「鏡子…まあそのうち慣れるだろうからいいけどね……」
「玲子ちゃんに鏡子ちゃん!?」
「『先輩』をつけなさい、『先輩』を」
「にゃ…でもでも、今すっごく急いでるんだよぉ…」
「何だろうと駄目なものは駄目なの!!大人しく取り締まられなさい!」
「えぇ~…食堂行ってからじゃダメ?」
「「駄目!!」」
 ステレオだな、こりゃ。
「でも姉さん、廊下でのスピード違反のペナルティってどれくらいだっけ?」
「え?そういえば…これくらいだと……ちょっと待ちなさいよ…」
 おお?何か陽夏そっちのけでマニュアルを見出したな。今がチャンスかもな。
 と、オレが思ってたのが伝わったのか少しずつ陽夏が動き出す。「ごめんね」と小さく呟いてから走り出す辺りらしいといえばらしいよな。
 だがさすがに魔女ズの反応も早い。逃げ出したと気付いた瞬間、見事なコンビネーションで追いかけてくる。
「逃亡はさらに重罪よ!!」
「待ちなさーい!」
「うにゃああああっ!」
 必死で逃げるも、行き先がバレバレなのでルートも限定されてあっさり捕まる。散々しぼられても何とか食堂まで辿り着いたのだが、実況の声が流れてきた。
「おーっと!コロッケロールはただ今売り切れたぁ!!」
 あーあー、無駄足になっちまったようだな。とはいえ昼飯抜きなんてできる陽夏じゃないし、購買に駆け込んで行っちまいやがった。
「パン、何かある?」
 そう言った陽夏の前に出されたのはヘルシーデラックスパン。確か前回もそれだったような気もするが…まあ美味いけどな、これ。
「いっぱい走ったからお腹すいちゃった。ジェリクル、食べよ?」
 だな。まあご苦労さん、とは言っておこう。
おわり

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © きゃらめるミルクティー. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。